エゾウコギなどの健康食品で内側から元気な身体作り

生命力の高い植物

栄養補助食品

体力をつけるサプリメント

エゾウコギは、北海道やロシアなどの寒冷地で自生している植物です。寒冷地では、一般的に寒さから植物が育ちにくいとされているのですが、それでもエゾウコギはスクスクと成長します。なぜなら栄養価が高く、その分生命力が高いからです。そのためエゾウコギは、寒冷地では飢饉の時の栄養補給に利用されていました。また、病人に体力をつけさせるための薬としても使われていたのです。この栄養価の高さから、昨今ではエゾウコギのサプリメントが販売されるようになっていますし、多くの人が健康のために利用しています。摂取により体力がつくと、代謝量が増えることから、メタボリックシンドロームの予防効果や改善効果が出てきます。メタボリックシンドロームの不安を抱える人が増えてきていることから、エゾウコギのサプリメントの需要は高まっていくと予想されています。

含まれている成分

食事による栄養補給では、特に三大栄養素の摂取が肝心とされています。具体的には脂質と糖質とタンパク質ですが、エゾウコギにはこれらが全て含まれています。さらに、血液や肌や骨などを作り出すミネラル類や、活性酸素を除去したり免疫力を高めたりするビタミン類も、多く含まれているのです。このように、体に必要とされる様々な栄養分を摂取できるため、エゾウコギは飢饉の際に食されたり、薬やサプリメントの原料として使われていたりするのです。また、体を疲れにくくするエレウテロサイドEや、抗炎症作用のあるイソフラキシジンも含まれているため、運動前にもよく摂取されています。摂取により、体を一層パワフルに動かせるようになりますし、運動後の関節痛や筋肉痛も緩和されやすくなるからです。