エゾウコギなどの健康食品で内側から元気な身体作り

自己判断は禁物です

困る中年女性

加齢と共にある症状です

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れにより肉体的・精神的に変調をきたす自律神経失調症の一つです。女性特有の症状と見られてきましたが、実は男性にも更年期があり、女性の場合とは異なる症状が見られます。疲労、性機能減退や性欲の低下など、40代後半から50代にかけて更年期を疑うような、気がかりな症状が現れた場合には医師の診断を仰ぎましょう。尤も、男性の場合は個人差が女性の比でなく大きいため、今までは加齢によるものとされてきました。一方、女性の場合も男性と同じような年齢で女性ホルモンの分泌量が減り、結果としてホルモンバランスが乱れることで更年期障害が起きます。その症状は、人によっては日常生活のも支障をきたすほどのほてり、のぼせ、めまいや倦怠感が現れることがありますし、抑うつ状態になる方もいます。このような症状が現れた時は、自己判断で更年期障害と決めつけて安易に薬を飲むようなことをせず、医師の診断を受けることをお勧めします。

治療法は

医師の診断を受けることで、最適な薬の処方は勿論の事、日常生活で改善するポイントなどもアドバイスを受けることもできます。治療法はいくつかありますが、代表的なものはホルモンを注射することで補充する方法や薬を飲用してホルモンバランスを整える方法などがあります。特に強く表れている症状に対して薬が処方されますが、ほてりやのぼせの自律神経失調症状に対してはエストロゲンというホルモンを補充する薬を飲用することが効果的とされています。ただし、エストロゲン製剤は、子宮の有無によって単独で用いられるか、他の薬と並行して用いられるかが異なります。子宮を摘出した方には単独でも効果的ですが、子宮がある方に対しては子宮内膜がんの発症を予防する目的で黄体ホルモン製剤も処方されます。更年期障害は人それぞれの症状があります。気になることがあれば、迷わず医師の診断を受けて薬を処方してもらいましょう。